HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp
「勝俣先生、ありがとうございました!」      《2016年9月29日更新》

岐阜県・長良川にて (撮影:橋渡智美 2016年9月25日)岐阜県・長良川にて (撮影:橋渡智美 2016年9月25日)●25日(日)岐阜に行ってきました。岐阜のリーダー、橋渡さんは年に2回、ビッグ講演会を開くことにしていて、私を秋の会に招いてくれて、今年は4回目だった。講演会のあと、会員さんとのティータイムを設けてくれる。ここで、めいめいの自己紹介+近況報告がある。とても有意義。今回は、私の隣に座った会員さんが「会長さんがこの会を始めてくださったおかげで、こうしてみんなが集まって、話が出来ます」と言った。長年、会長をしてきて、この発言はとても新鮮で、うれしい驚きだった。「会を始めてくれたおかげで・・・」そうなんだ、忘れていた。私があけぼの会をスタートさせたとき、これが目的だったんだ。最近、とみに弱気になっていた私に、この一言は大きな自信を取り戻してくれた。ありがとう!
●肝心の講演会は3人の講師先生、地元からお二人、そしてあの勝俣範之先生。コンドウ先生コーゲキのトーンがゆるくなった感あり。手をゆるめても、手を抜くつもりではないのは確かなので、患者は先生を信じ、先生の医師としての使命感に敬意を表している。先生は小粋なことをしてくださった。私が話をしている、その瞬間の画像をカメラに収め、同時進行でご自分のブログに流してくださった。「あけぼの会の三つの祈り」と「がんのあと潔く生きる10か条」、12時10分から話を始めたのだが、2つはそれぞれ12:14と12:24にアップされて、まさにリアルタイム、こんなことって可能なんだ、機械に弱い私には奇跡なる現象。
●それだけではなく、翌日、先生から「フェイスブックでワットさんの10か条を紹介したら、『いいね』が509名『シェア』が59件と(普通はこんなに、『いいね』がもらえないのです)すごい反響でしたよ!!と喜びのメール(9/26)、わざわざ知らせてくださった。私は恥ずかしながら、face bookはわからない。それで、先ほど(9/29)、広島の娘にチェックしてもらったら、その数が552まで上がっていたそう。すみません、みなさん、なんだか私、これから有名になりそう?先生は、院内の待合室に飾ってくださるとまで、まあ、申し訳ありません。
●10月2日(日)は埼玉へ。そこでも同じ画像を使って、今度は自分で売り込んできます。 ワット akebonok@d9.dion.ne.jp
※あの長良川の鵜飼、見てきました。真っ暗で赤松の燃える火と音が幻想的!でも鵜はいつでも鮎を飲み込むとは限らない。この夜、鵜はただもぐったり頭出したりしただけ、テレビとちょっと違った。

 
三つの祈り 日本対がん協会賞 あけぼのハウス 母の日キャンペーン Doctor of the Year ライトアップキャンペーン 毎日社会福祉顕彰受賞 乳がん月間 ABCEF あけぼのショップ My Story ワット会長著書