HOMEお問い合わせ
あけぼの会事務局  〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代5-1-4-620  TEL&FAX:092-651-1751(月~金10:00〜16:00)  akebonokai.since1978@gmail.com

主な活動

ABCEF  Akebono Breast Cancer Educational Force(あけぼの・乳がん・教育・部隊)

2007年1月にスタートしたABCEF活動。携わっている会員のみなさんの地道な努力のおかげで、社会に広く受け入られるようになりました。地域の保健所はもとより、女性従業員の多い企業・趣味や育児のサークル会場等に出向き、自己検診の大切さと定期的な検査の必要性を熱く語って乳がんの啓発を続けています。全国どこにも会員がいますので、大概のところへは出向く事が出来ます。

ご用命ください!!(あけぼの会事務局 E-mail:akebonokai.since1978@gmail.comまたは各県連絡先まで。)

●ABCEFとは

地域の保健所などからの要請を受けたとき、出向いて、乳がんに関する教育プログラムを提供する部隊

●対象

主に、小中学生、女子高生、女子大生、PTA, 保健所、企業の従業員など

●教育内容

1)自己検診、マンモグラフィーの重要性や方法を説明する
2)体験発表(乳がん体験、特に発見、病院選び、手術から治療に至る過程など話す)

●ABCEFスタッフ(あけぼの会会員)の養成

各支部の支部長さん対象の研修会を開き、あとは各支部で研修会を実施する

 

ABCEF-Akebono Breast Cancer Educational Force (乳がん教育活動)報告

●【あけぼの静岡】ABCEF報告(静岡済生会看護専門学校にて特別授業)(2020年2月14日)

令和2年2月14日、静岡済生会看護専門学校の学生さん達に、赤堀悦子さん(あけぼの静岡会員)と2人で乳がんの体験談と患者会の活動について講演をしました。

まず私(星野)は、患者会との出会い、初めて同じ病気の仲間と会って話したときの安堵感などをお伝えしました。治療中に感じた孤独感。勝手に落ち込んで悲劇のヒロインになり、拗ねてしまった私が、周りの人たちから励ましや温かい気遣いをたくさん受け取ったこと、など。
次に、現在治療中の赤堀さんがお話を。「今朝一番に注射を打ってきた」「検査の時にアナフィラキシー症状が出てしまって今後同じ検査ができなくなった」そして「薬の副作用がきつくて苦しいけど、効いている感がある」など生の声を聴いてもらいました。また、帽子を脱いで今の頭髪の状態も見せました。 「私は髪の毛が抜けても気にならないが、ダメな人もいる。患者の気持ちは本当に様々で、わがままです。どうか皆さん、看護師を目指すなら覚悟して。あなたがたの一言で励まされ、一言で元気にもなります。素敵な看護師さんを目指してください」とエールで締めくくりました。  (報告:星野希代絵  kyeko@seikox.co.jp)
「仲間との出会いに助けられました」と星野代表「仲間との出会いに助けられました」と星野代表「素敵な看護師さんになってください!」とエールを送る赤堀会員「素敵な看護師さんになってください!」とエールを送る赤堀会員

 

●【あけぼの埼玉】 ABCEF 報告(2019年11月27日)

こんなに大勢の男性社員が真面目に乳がんの話を! <br>   武州製薬(株)の川越工場にて   <br> (2019/11/17 写真は会社提供)こんなに大勢の男性社員が真面目に乳がんの話を!
  武州製薬(株)の川越工場にて  
 (2019/11/17 写真は会社提供)
日時:11月27日(水)
会場:武州製薬 川越工場
参加:川越工場60名・三郷工場20名(テレビ会議)

ひろせクリニック(川越市)の院長、廣瀬哲也先生が企業内産業医をしている製薬会社で《乳がん啓発講演会》をするので、体験者として発表してほしいとの、ご依頼でした。 

武州製薬は、いろいろな製薬会社の、最後の包装をしている製薬会社です。抗がん剤など私たちがん患者がお世話になっている薬も扱っていました。
事前打ち合わせで、工場内の一部見学をさせていただきました。ガラス張りのきれいな衛生的な工場で、すれ違う従業員さんには皆挨拶をしていただきました。
私は、これまで薬は各製薬会社が、最後まで包装をして配送されるものだと思っていましたが、多くの薬が、この工場で最終包装されているのにびっくりしました。初めて見た光景は、徹底的な管理とチェック、自動化されたシステムでした。私たちの手元に届くまでには、大変な作業を経て、届いているのだと感動もしました。

乳がん啓発講演会は、
①廣瀬先生が、乳がんの治療や検診の重要性についてお話しいただきました。
②体験者として、乳がんになった時の患者の気持ちや家族の思い、また、がんになる前の知っておくとよい事などお話させていただきました。最後に患者の立場で、これからも、薬の安心・安全・滞ることの無いように手元に届くようお願いもしました。                             (報告:あけぼの埼玉 代表 持田豊子)   akebonosaitama.net@gmail.com

【社員の皆さんからの声】
①・乳がんという病気の知識が深まりました。男性乳がんがあるとは知りませんでした。定期健診の大切さがわかりました。先生の「人を治すものは、人が作るものであり、人の行為である」との言葉が印象的でした。
②・患者さんや家族の葛藤、娘さんやお孫さんの実際の話を聴け、周りの人の接し方など、大変参考になりました。体験者の言葉を直接聞け、良かった、また、このような患者さんの声を聴ける講演会を希望します。
 ・患者さんの立場から、我々の製造している薬についての印象や、工場の見学の感想は励みになり、又患者さんと触れあう事で、我々が命につながる重要な仕事をしている事の自覚がさらに深まりました。

 

●【あけぼの岡山】ABCEF活動 報告 〜備前市愛育委員研修会にて〜(2019年7月9日)

伊部地区愛育委員のみなさんと伊部地区愛育委員のみなさんと日時: 7月9日 10:00~11:00
会場: 備前市伊部公民館
参加: 備前市伊部地区愛育委員 25名 

日時: 8月27日 10:00~11:00
会場: 備前市市役所3階 大会議室
参加: 備前市片上地区愛育委員 30名

日時: 9月26日 13:30~14:30
会場: 備前市日生総合支所 防災センター大会議室
参加: 備前市日生地区愛育委員 23名

 備前市保健センターからの依頼で、備前市 伊部(いんべ)、片上(かたかみ)、日生(ひなせ)の3地区 の愛育委員研修会にて、ABCEF活動をさせていただきました。演題は 「乳がん検診 ~早期発見・早期治療の大切さについて~」です。
 前半は、宮本代表が乳がんの現状やがんの成長、ダブリングタイムの話、 乳がんの発見の経緯などを自らの体験を含め話し、後半は槌田が乳がんの症状や危険因子の話、また、乳がんと診断されるまでに自分や会員たちが感じていた違和感や異変などもお伝えし、普段から自分の身体に意識を持つことも発見につながる大切なことだと話しました。
 最後は二人で自己検診の方法を実演し、乳がんについての正しい知識を持って定期検診と自己検診で自分の身体を守っていきましょう!と お話させていただきました。      

・参加者のお一人に4年前に乳がんの手術をし、現在も治療中という方がいらして、検診、自己検診の大切さを皆に伝えてくださいました。                     

【報告】槌田 史子 E-mail:akebonookayama@yahoo.co.jp

片上地区愛育委員のみなさんと片上地区愛育委員のみなさんと日生総合支所にて<br>(左・槌田副代表/migu日生総合支所にて
(左・槌田副代表/右・宮本代表)