HOMEお問い合わせ
あけぼの会事務局  〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代5-1-4-620  TEL&FAX:092-651-1751(月、火、木10:00〜16:00)  akebonokai.since1978@gmail.com

主な活動

ABCEF  Akebono Breast Cancer Educational Force(あけぼの・乳がん・教育・部隊)

2007年1月にスタートしたABCEF活動。携わっている会員のみなさんの地道な努力のおかげで、社会に広く受け入られるようになりました。地域の保健所はもとより、女性従業員の多い企業・趣味や育児のサークル会場等に出向き、自己検診の大切さと定期的な検査の必要性を熱く語って乳がんの啓発を続けています。全国どこにも会員がいますので、大概のところへは出向く事が出来ます。

ご用命ください!!(あけぼの会事務局 E-mail:akebonokai.since1978@gmail.comまたは各県連絡先まで。)

●ABCEFとは

地域の保健所などからの要請を受けたとき、出向いて、乳がんに関する教育プログラムを提供する部隊

●対象

主に、小中学生、女子高生、女子大生、PTA, 保健所、企業の従業員など

●教育内容

1)自己検診、マンモグラフィーの重要性や方法を説明する
2)体験発表(乳がん体験、特に発見、病院選び、手術から治療に至る過程など話す)

●ABCEFスタッフ(あけぼの会会員)の養成

各支部の支部長さん対象の研修会を開き、あとは各支部で研修会を実施する

 

ABCEF-Akebono Breast Cancer Educational Force (乳がん教育活動)報告

●【あけぼの岡山】ABCEF報告(2018年10月20日)

日時: 10月20日(土)9:30~11:00
会場: 政田コミュニティハウス
                   岡山市東区政津1032-3
参加: 79名 (会員 3名、一般 76名)

岡山市東区政田学区愛育委員会定例会にて、ABCEF活動をしてきました。毎年、委員のメンバーが変わるたびに、ご依頼いただき、今年で3年目です。
今回は、槌田副代表と山崎副代表が自身の体験を通して、皆さんに伝えたいこと、
知っておいていただきたいことや自己検診の方法までを1時間にまとめてお話しました。
講演後、参加者のグループワークがあり、その発表と質疑応答には、宮本代表が対応しました。 

後日、同委員会会長さんより
『乳がん検診、早期発見・早期治療の大切さについて、
お二方の体験をふまえてわかりやすくお話いただき、
乳がんについての知識を深めるとともに、自身が自己検診や検診受診を行うことや、
地域の愛育委員として乳がん検診の普及啓発活動へ取り組むことへの意欲を高めることができました。』
との礼状をいただきました。

【参加者からの感想】 グループワークより    
・マンモグラフィ検診に行った事がなかったが、話を聞いて、検診・早期発見の大切さが良く分かった。
 検診は大事。行こうと思いました。 
・1センチになるまでに8年もかかるのに、次の2センチになるまではたったの1年と聞いてビックリした。
 検診にいきます。
・自己検診もしようと思いました。
・マンモモデルで触ると、しこりもこんなにもはっきりわかるんだと思いました。
  (→ところが、実際にはこんなにはっきりとは分からないことの方が多いのです。
    毎月さわっていると変化に気づけますから、自己検診を大切に思って下さい。とお答えしました)
                     
                   報告:あけぼの岡山 副代表 槌田史子akebonookayama@yahoo.co.jp

中央・槌田副代表、右・山崎副代表中央・槌田副代表、右・山崎副代表

 

左から 槌田副代表、山崎副代表、宮本代表左から 槌田副代表、山崎副代表、宮本代表

 

●【あけぼの埼玉】ABCEF報告(2018年5月10日)

題名「病む事の心理」

日にち:5月10日(木)
会場:埼玉医科大学保健医療学部
対象:看護学科2年生 (84名)

5月10日(木)に持田代表と私でABCEF活動をして来ました。

授業は3回に分かれていました。
1) 乳がんの勉強と患者への質問をグループで話し合う
2)私たち患者から、体験談を聞き患者の思う事を考える。がん学会についての発表、
患者が学生さん達の質問に答える。
3)2の授業グループ討議と感想の個人でのレポート提出

持田代表からあけぼの埼玉の活動を知ってもらうために、初めにNHKで放送された『ひるまえほっと』のビデオを見て頂きました。
私からは体験談。転移した時の事や新薬≪イブランス≫での治療について、高額な治療についてお話ししました。
持田代表から、患者から医療者への思いと乳がん患者にどう接して欲しいかなど、がん学会に参加しての事などの話をしました。
学生さん達からでた質問に、患者の思いについて答えました。

学生さん達はメモを取りながら、私達の話に一生懸命に耳を傾けて聞いていました。
最後に感想を話して下さった学生さんは、涙ぐみながら勉強になりましたと。
後日のレポートで[講義を受けて以前とは違う、前よりも大きく成長した自分になった気がします]と有り、感動しました。
帰りに廊下まで追いかけて来て、ご自身のお話をして下さり、後日母の日キャンペーンに大宮まで来て参加してくれた学生さんもいました。
今年もABCEF活動に参加できた事に、感謝致します。     (報告: 安田則子・会員)

【学生さん達のレポートから】
今まで漠然としていた自分の看護師像が、講義を聞いて少しずつ具体的なものになりました。
将来看護師になった時、患者さんや周りの家族の方もサポートし協力を得られる様なケアをしていきたいです。
薬だけでは無く、周りの思いやりや優しさが治療の原動力になると感じる事が出来て、これからの私の学習の原動力になる事を学ぶ事が出来ました。
乳がんを患った方が講演に来てくれると聞いた時、きっと辛そうな表情をした人が来るのだと思っていました。ところがお二人は全く違い明るく前向きに充実した人生を送っている姿に感動して「私も2人の様に強く生きていかないと」思いました。
・ 「ガンになったのは不運だが不幸では無い」「死ぬ一歩前までは生きている。生きて行く事を考えよう」と言う言葉に心うたれました。私の母も乳がん患者です。私は将来看護師になって乳がん看護の専門看護師になりたいと思っています。
未来の看護師さんの授業に参加しました。未来の看護師さんの授業に参加しました。

 



 

●【あけぼの福岡】ABCEF報告(2018年4月17日)

日にち:4月17日(火)
会場:ホテル日航福岡
参加:24名

社会奉仕団体、福岡中央ライオンズクラブ様からの依頼により、あけぼの会の活動紹介と体験のお話しいたしました。。
ライオンズクラブの会員の方々は、いずれも会社を経営されたり、代表をつとめておられたりと、そうそうたるメンバーでした。

深野代表より、あけぼの会が乳がん患者会として幅広く活動していること、患者による患者のための会として、常に乳がんの知識を深めるための勉強会や相談会を行なっていることなど、パワーポイントを使用しながら詳しく説明。
続いて、私が乳がんの体験を話し、検診の重要性と早期発見がいかに大切かをお話ししました。
会員の方は男性の方が多いのですが、関心を持って質問もいただきました。
また、ABCEFについても、70%が女子社員という経営者の方よりぜひ我が社でもお願いしたいとのご依頼もありました。

乳がんになっても、早期発見、早期治療によって、元気な日常を取り戻せることをたくさんの方々に知っていただく良い機会となりました。
今後、このライオンズクラブでの活動紹介をきっかけに企業への働きかけも増えていくことを心から望みます。 (報告:田川羊子・会員)経営者や会社の代表の方が集まってくださいました。経営者や会社の代表の方が集まってくださいました。

→以前の報告はこちら