HOMEお問い合わせ
あけぼの会事務局  〒812-0044 福岡県福岡市博多区千代5-1-4-620  TEL&FAX:092-651-1751(月、火、木10:00〜16:00)  akebonokai.since1978@gmail.com

主な活動

あけぼのハウス

『2010年2月より<あけぼのハウス>をオープンしました。これはあけぼの会が長い間実現させたかった乳がん患者のためのハウスです。全国各県で定期的に開催されています(イベント情報をご覧下さい)。

ハウスが徐々に一般に知られてきて、当初の目的であった「病院と自宅をつなぐ場所」になりつつあることと、患者会が目指すべき目的、使命にぴったり合った場所になってきています。ここで心の友の愛をおみやげにもらって帰り、それぞれの場で自分の命を目いっぱい生きてほしいと願います。がんという厄介な病を抱えながらも、卑屈にならず、ひたむきに生きている参加者一人一人の姿を思い出すと涙が溢れ出ます。次回もまたきっとお顔を見せてください。 ワット隆子』

 

<あけぼのハウス>って、どんなとこ!

「今、欲しい情報が聞けるかも・・」「体験者同士が気兼ねなく話ができる・・」
「自分は一人じゃない・・」「前向きに生きていく力をもらった・・」

【参加者からの声】

  • いろいろな体験をした先輩の話を聞き安心できました。あけぼのハウスはそんな処です。安心ハウスですね。
  • 家族以外には、病気の事を隠して生活しているので、再発等の不安をかかえている気持ち等を分かち合えて、とても良かったです。
  • 色々な情報を得られて、あっという間に時間が過ぎました。
  • 本日もとても良い会でした。今日はあまり具合が良くなかったのですが、ハウスの3時間の間に回復し、本当に笑顔で帰路に着きました。有り難うございました。
  • 一昨年の秋にあけぼの会に出会い、一番心が辛い時期に苦しい気持ちを皆さんに話したことで気持ちが軽くなり治療に臨めた事。あの日、心の傷にピンクの優しい包帯で包んでいただき癒された感覚を思い出しました。あけぼの会に出会い、人と人との繋がりの中で生かされている自分に気付くことができました。当事者同士だからこそ理解し支えあえる。そして自分もまた相談者の声を受け止める側となって活動の一歩を踏み出したいと思います。

今、全国あちこちで「あけぼのハウス」が開催されています。

参加された方は、”私一人ではないんだ“ という孤独感から解放され、ネット社会では感じることができない ”人と人との温もり“ を感じています。
地域ならではの情報交換もあり、再発治療中の集まりやヤングの集まりもできています。
ネットでは満たされない患者のニーズに合った集まりが産まれてきています。そうです。「あけぼのハウス」が患者を孤独感から解放し、意識改革への一歩を後押していると思います。(あけぼの会副会長 菊井津多子)

 

あけぼのハウス兵庫 報告《2018年9月22日(土)》

「秋の乳がん無料相談会」

日時:9月22日(土)13:30~15:30
会場:アフラック神戸総合支社会議室
相談医:佐古田 洋子先生(加古川中央市民病院 乳腺外科部長)
参加者:35名(会員・29名、一般6名)

秋の長雨が小休止の曇り空にかかわらず、今の自分の状態や不安に思っていること、治療について聞きたい方が集まりました。
兵庫の相談会は個別の相談ではなく、質問のある方は質問用紙に質問の内容を書いて、それを司会者が読み上げ相談医が答えるというオープン形式になっています。
自分の乳がんの相談だけでなく他の患者さんのことも聞けるので、相談会と勉強会が合体したようなもので、皆から乳がんのことがよく分かると好評です。

今回は、佐古田洋子先生をお招きして、15の相談にお答えしていただきました。
その一つ一つに丁寧に分かりやすく対応してくださり、参加者も理解、納得していました。
女性医師ならではの気安さもあってか、満足度いっぱいと思わせるような皆の表情が印象的な相談会でした。
(報告:有本幸代代表  akebonohyougo@maia.eonet.ne.jp
 正面右端、丁寧に相談に乗ってくださる佐古田先生正面右端、丁寧に相談に乗ってくださる佐古田先生

 

【あけぼの鳥取】あけぼのハウス(お出かけ遠足ハウス)報告《2018年9月17日(月)》

日時:9月17日(月)10:00~16:00
場所:サントリー森の水工場・道の駅奥大山(鳥取県日野郡江府町)
参加:9名(会員:8名 一般:1名)
天候:一日中 雨

残暑厳しい8月のハウスで、会員から「涼を求めて 奥大山への散策とおいしい天然水の工場見学」の希望が出ました。
そこで9月は急遽ハウス内でなく外へ出かける計画を立てました。

当日は朝からあいにくの雨降り…。でも「雨もまた楽し!」と2台の車を走らせて水のお勉強に行きました。
私たちの命を育んでいる水、しかも天然の地下水を衛生管理する工場を目の当たりにし、改めて天然のおいしい水のありがたさや、それを作っているブナの木や森の大切さを認識したことでした。
木谷沢渓流の散策は、先日の台風の為か道路が通行止めとなっており中止し、道の駅“奥大山”でランチ後帰路につき市内に戻ってみんなでお茶タイムし、名残惜しみながら解散しました。

 車の中やランチタイム・お茶しながらのお出かけハウスは、いろんなことが気さくに話せて病気の事ばかりでなく会話が広がりました。
初めて参加されたIさんから「明日からまた治療頑張ります」の嬉しいメールをもらいました。(報告:友森一美代表  rieo@aurora.ocn.ne.jp
雨の中渓流の散策もたのし!雨の中渓流の散策もたのし!

 

 

【あけぼの三重】第57回あけぼのハウス三重 報告《2018年9月2日(日)》

日にち:9月2日(日)
会場:四日市市文化会館 和室
参加者:17名(会員・5名、 一般・11名、看護師・1名) 

今日は、CNJ認定乳がんコーディネーターの森田恵看護師(三重中央医療センター 看護師)が、ご一緒に参加されての「あけぼのハウス」です。

いつもですと、四日市は少人数しか集まらないですが、今回は思いもよらず、たくさんの方が来てくださいました。
その中にご主人さんや娘さんに付き添われての参加者が3組あり、みなさん家族思いの方々で、お話を真剣に聞いてくださいました。

一人ずつ近況を伺い、お話の中から、今、一番身体や心で悩んでいること「傷口が痛む、腕が上がりにくい、膝が痛い、イライラ、骨訴訟症、リンパ浮腫など」についてどう対処したらいいか、森田看護師からアドバイスをしていただきました。
森田さんご自身も乳がん体験者であるため、患者さんの気持ちをよく理解された説明で、参加者は納得できました。
特に、これから手術の方は、検査結果を見せられ、ご主人と不安一杯ながら手術のことを相談されてました。

本日のハウス、先輩方のお話から「自分は一人ではないんだ」と気付かされ、術後の不安や疑問が解消できたのではと、そして医療従事者は、この場に必須であると実感しました。
お忙しい中、森田さんにお世話いただきましてありがとうございます。    (報告:加藤重子代表)
正面の左側,黒い洋服の森田看護師さん正面の左側,黒い洋服の森田看護師さん

 

 

【あけぼの北海道】あけぼのハウス札幌 & りらサロン 報告《2018年7月7日(土)》

【あけぼのハウスin札幌】

日時 :7月7月(土)  13:00~15:00
会場 :札幌市社会福祉総合センター ボランティア研修室A
参加者 :会員7名
 
いつものように近況報告から始まりました。
日常生活、特に一人になってからの食事について気を付けることなどすぐに役立つ話が出ました。
乳がんのことだけでなく、色々な話をして・聞いて、友だちの輪が広がったと感じた一日でした。

【 あけぼのハウス りらサロン】

日時 :7月21日(土)  13:30~15:30
会場 :市立札幌病院 会議室6
参加者 :会員・16名

大川由美先生 ( 市立札幌病院・乳腺センター長)を囲んで、参加者が近況を報告したり悩みや疑問を出しあって、その中から話題を決めてみんなで話し合うりらサロン。
苫小牧から2名、音更町から久保さんも参加。

 治療の辛さ、このまま続けてよいのか、副作用がもう少し何とかならないかしら と話しは続きました。
今一番悩んで、困っている人も話が出来る場となっているように思いました。
そして先生が本当によく話しを聞いてくださったので、私たちは感謝の気持ちでいっぱいでした。
乳がんは油断がならないから、またお会いしましょう、話しましょうね、でお開きとなりました。
(報告:関川正美代表)
左奥、白のブラウスの大川先生、隣、関川代表左奥、白のブラウスの大川先生、隣、関川代表

 

【あけぼの大阪】あけぼのハウス大阪 報告《2018年6月23日(土)》

日時:6月23日(土)13:30~15:30
会場:ドーンセンター4階中会議室1
参加者:16名 (会員13名 一般3名)

大阪北部地震で被害に遭われた皆さん、お見舞い申し上げます。
余震等の心配をしながらの生活でお疲れがあるかと案じております。
暑くなってまいりました
ので、水分補給しながら充分お身体ご自愛下さいますように。
                              あけぼの大阪スタッフ一同

18日に地震があり、心配していましたが、会員さんの元気な顔を見る事が出来、ホッとしました。        
今回のハウスは、一般の方2名の参加がありました。

1人の方は、今年初めに手術された方で、ご主人に付き添って貰っての参加でした。
ご主人がご一緒にお話しを聞いて下さると言うのは、今までにはないことです。
ご家族の思いやりこそが、力になり元気を貰います。
もう1人の方は、大阪府がん患者連絡協議会の方で、ご自身も乳がん患者さん。
皆さんと打ちとけて有意義に語り合いました。
今治療中の方は、あけぼの大阪のみんなもいますので、頑張って貰いたいと心から思います。 (報告:中田圭子代表)

 地震後のハウス、皆さんの様子が気掛かりでしたが、震源に近い人も含め多くの方が参加されました。
術後数カ月の方がご主人とご一緒に来られ、初めはとっても不安な面持ちだったのが、諸先輩の話しを聞き、アドバイスを受けて、最後はとってもいい笑顔で帰っていかれました。
心の安らぎの場として、ハウスの存在があるのを感じた日でした。(感想:参加スタッフ)

【参加者からのひと言】
色々な事を聞けて、みなさん明るく生きておられて、たくましく思いました。
楽しかった‼ たくさん先輩がいて、話がきけたのが一番うれしかったです。
地震後のハウスでしたが、皆さんお元気な様子で参加されました。地震後のハウスでしたが、皆さんお元気な様子で参加されました。


 

→過去の報告はこちら