HOMEお問い合わせ支援企業リストサイトマップENGLISH
あけぼの会事務局  〒153-0043 東京都目黒区東山3-1-4-701  TEL:03-3792-1204(月〜金 10:00〜16:00)  FAX:03-3792-1533  akebonoweb@m9.dion.ne.jp
「あけぼの会の社会的対応」     《2016年8月18日更新》

広島県・世羅高原農場の「ひまわりまつり」(撮影:りらカメラマン 2016年8月13日)広島県・世羅高原農場の「ひまわりまつり」(撮影:りらカメラマン 2016年8月13日)今日は(恥を忍んで)、とある地方都市に住むAさんからのメールを紹介します。
●先日、○○新報(地方紙)で『乳がんマンモグラフィー検診無料実施』の記事を見つけ、以前から関心があったので勇気を出して申し込んでみることにしました。「ファックスで」とあったので、コンビニからファックス送信しました。が、検診希望日の前日になっても何の連絡もありません。「定員20人」とありましたが、どのくらいの応募者がいるものか、見当もつきません。おそらく定員から洩れたのだろうとは思いましたが、ハッキリしないため、電話をして確認することにしました。
●そうしましたら、とても不機嫌な女性が出ました(最初、間違い電話をしたかと思いました)。ファックスを流したきり連絡がないことを話すと、『もうハガキ出したでしょう、届いてるはず』と言われました。「ハガキが届いてないことは、定員から洩れたということで良いのでしょうか」と質問すると、『申込みが沢山来て、こっちは大変なんだ』とか『私の活動はお金をもらってやってるわけではない。申込者全員に返事を出すお金なんてあるわけないでしょう』とか、いきなり愚痴をぶつけてきたのです。その上、『皆さんねぇ、当たり前のように無料で検診が受けられると勘違いしてるのよ!』と、信じられない言葉が飛んできました。当然ですが、そんな風には思っていません。定員20人の中に入ったのかを確認したかっただけです。
●このようなずさんで失礼な対応しかできないのであれば、はじめから新聞に募集記事など載せないでほしい。あけぼの会の方々は皆さん、こういう横柄な態度なのでしょうか?おそらく私の他にも不快な思いをした方がたくさんいたと思います。-メール終わり-
●この応答は誰が聞いても、とても容認できない。いくら怒られても弁解できない。私は丁重な謝りのメールを書いて送った。Aさんは理路整然として、とても賢い人であることが文面から伺える。「あけぼの会は皆この人のように横柄なのか」と私に聞かれると、びくっとする。が、押しなべて、どこの県のリーダーも辛抱強く、こういう苦情が出ないように電話応対をしている。致命的だったのは、「お金をもらってやっているわけじゃない」と言ってしまったこと。言いたくなるのはよくわかる、しかし、これが患者会のさだめ、患者会の尊い(お金に代えられない)ところなのだ。全国のあけぼの会のリーダーさんよ、ここは忍の一字で行こう。世の中、やさしい人、理解のある人、あなたのしていることに感謝している人、そういう人のほうが多いのですからね。   ワット akebonok@d9.dion.ne.jp
*世羅高原農場は広島県世羅郡世羅町にあり、 2016年7月30日(土)~8月21日(日)まで「ひまわりまつり」が開催されています。 6万平方メートル. ,に30種類100万本のひまわりが咲いています。  http://sera.ne.jp/sunflower/

 
三つの祈り 日本対がん協会賞 あけぼのハウス 母の日キャンペーン Doctor of the Year ライトアップキャンペーン 毎日社会福祉顕彰受賞 乳がん月間 ABCEF あけぼのショップ My Story ワット会長著書